運営:イベント案内 |事業報告| メンバー紹介 | 旬の箕面 | リンク集
平成のぞきからくり いいんかい 
のぞきからくり?
演目は?
語り部紹介
企画したきっかけ?
メンバーは?
今までの経過
公演

情報

記録
のぞきからくりって?
「のぞきからくり」 とは、のぞき穴のある箱の中にストーリー仕立てにした絵(名所の風景や絵)が何枚も仕掛けられていて、 口上〔こうじょう〕(説明)する人の話に合わせて、その立体的で写実的な絵が入れ替わって行く見世物です。

長崎のぞきからくり 新潟のぞきからくり

 
江戸末期にその発生を見て、明治時代に完成発達し、大正年間には全国津々浦々までその足跡を残して、昭和の太平洋戦争前まで、一般大衆に親しみ楽しまれてきた娯楽施設であった「のぞきからくり」は、映画更にテレビの普及によって完全に過去の遺物になり、その語りも装置も全て消え去ろうとしていた。
 「のぞきからくり」のルーツは意外と古く「絵解き」と呼ばれ、仏の教えや寺の縁起などを掛物に仕立て、それを物語風に解説(説教)するもので、現在もある寺院で行われているものが源流であろうとされている。
   はじめは「おおのぞき」と呼ばれる、一個の箱に1個のレンズで一枚の絵を見る形式が、後にはこの箱を数個並べて順次覗き、一連の物語が構成される仕組みに発展し、江戸時代後期(1760年代)に改良されたものと思われる。
 
 そして、文明開化の波に乗り、大衆娯楽施設の充実の共に、一層の改良が加えられ、ガス灯やカーバイトランプ、更に電灯とその光源の発達変化によって、より華麗な教えが画かれ、立体感を深めるように工夫されていった。

 やがて、活動写真(映画)の登場と、子供達には紙芝居が巡回すると衰退がはじまり、昭和初期(10年頃)まではまだ祭礼、縁日などの演し物として命脈を保ってきたが、戦後は完全にその姿を消してしまった。
 
 現在保存が確認されているものは、巻町(現在新潟市西蒲区)の他に、鹿児島県奄美大島(原野農芸博物館)と、長崎南島原市 深江町の箇所のみで、北海道(岩内郷土館)では中ネタの一部が保存展示されているされているのみである。

 
 この中ネタや看板絵などはまだ全国各地の納屋の奥に眠っているものと考えられる。
原野農芸博物館のものは大阪府豊中市服部農業博物館を昭和63年に博物館移転のときに移設したものです。(巻町郷土資料館資料 『のそきからくり―その構造と機能―』を抜粋及び参考)

演目は? 「萱野三平物語」、「役の行者」、「空海物語」、

箕面の民話
 「新稲の大杉」「泣き地蔵」
萱野三平物語 「四十八人目の義士」

 箕面は萱野三平が誕生した地です。今も涓泉亭(三平の俳号にちなんで名付けられた)として残されている。浅野内匠頭が吉良上野介に対し殿中刀傷に及んだことにより切腹となり、三平が第一報を赤穂へもたらすときに、途中実家の前を通り、母の葬儀に出会うが名皆ながらに赤穂へ向かった。
その後討ち入りの日実家の一室で自害したというお話。

役の行者とは!
役行者及前鬼・後鬼

 役小角(えんのおづの、えんのおづぬ、えんのおつの、634年伝 - 706年伝)は、飛鳥時代から奈良時代の呪術者である。実在の人物だが、伝えられる人物像は後の伝説によるところが大きい。
 通称を役行者(えんのぎょうじゃ)と呼ばれ修験道の開祖とされている。
 
 
役の行者は箕面に特別縁の深いところ詳しくはどうぞのぞきからくりをみて知ってください。




新稲の大杉!

 箕面に伝わる民話の中からこのお話は、昔お互いの村自慢が大きくなって新稲にある大きな杉が朝日が昇るころにその影が池田まで届くと言うお話しで、現在市内の新稲に昔から守り神として進行されている大杉の切り株があります。
泣き地蔵

 小野原村で評判の良い飛脚が殺されました。その霊を慰めようと村人たちが地蔵さんをつくりましたがいくらつくっても泣き顔になると言うお話し!現在小野原の墓地にそのお地蔵さんが残っています。
空海物語  (雨請いの段)

 平安京での天長元年は日照り続きで京の人達は困り果てておりました。
そこで東寺におられた空海のお働きにより恵みの雨がふり京の人々は歓喜に踊ったというお話。
空海は箕面龍安寺の開祖役行者との関連もあり又東寺の公演を機会に作成いたしました。


語り部紹介
H20年より からくり亭文太、からくり亭ささゆりが改名いたしました
二人は親子関係なので大ざる、子ざるになりました今後ともよろしくお願いいたします。

新人が3人増えました。今後とも宜しく!
今役者修行中で退職後腹話術で皆さんを楽しませてる人



からくり亭
   箕太郎
ハワイアンを演奏したり教えたりの楽しいご夫婦


からくり亭
   もん太
   ももこ
サンバが大好き楽しいこと大好きな主婦

   
からくり亭
   もみじ
現役カメラマン、若いとはいえないが、楽しいこと大好き人間



からくり亭
   ようらく
元アナウンサー語り部で一番の年長者のりのいいのも一番



からくり亭
   大ざる
おちけん出身で、クラシックの合唱団大ざるさんとは親子。今のところメンバーで一番若い。

からくり亭
  子ざる
かたぶつの技術ばたけがリタイヤしたらはじけました。



からくり亭
   ごんべい
三味線と民謡の達人。マイクいらずの
少しお待ちください
声が自慢です。


からくり亭
   どっこい
ちょんまげ姿のいちばん若手、将来の担い手。
少しお待ちください



からくり亭
     うり坊
企画したきっかけ?
 私たちの会は、誰もが安心して暮らせる持続可能な地域社会 (サスティナブル・コミュニティ)の形成を目指す市民や事業者の“まちづくり”活動の支援を行なうのがこの本会の主旨でもあります。

 これを踏まえて箕面の住民が私達の街の文化のこと等をを知らないことも多く、観光に訪れる人もモミジと瀧と猿がいる箕面としか観ていないと感じていました。 

 箕面の知られていない文化等を知っていただくために昔懐かしい、しかも今ではすたれて知る人の少ない大衆の娯楽だった「のぞきからくり」を少し今風に変えて手作りで「平成のぞきからくり」を造り「のぞきからくり」とはどんなものだったかも含めて楽しんで箕面を知っていただくことが出来たらと思っています。 
 
 箕面にかかわるお話を元に題材を作っていくつもりです。 ご期待ください。
メンバーは?
 
 ええみのお推進市民の会のメンバーと「のぞきからくり」に興味を持って参加していただける方。
 のぞきからくり語り部としてあるいは公演スタッフとして、そして又製作スタッフとして参加を希望される方は事務局までご連絡ください。モットーは楽しくやっていくことだけです。一緒にやっていきませんか!

今までの経過
みのおFMタッキー816に出演
 6月26日午前10時から生放送で出演しました。司会は瑞野ちえさんでモーニングタッキーの中の「さんぽDEみのお」コーナーで10分位の生放送のはずがなんと25分間も時間をいただき「語り」も少し入れながら「のぞきからくり」のお話や、会の話などをさせていただきました。メンバーが6人も行ったので驚かれたのではないかと思いますが、私達の熱い思いを充分に話してきました。時間があればいくらでもしゃべっていたかもしれません。
 プレ公演
 6月2日 箕面芦原公園屋外ステージにて
     
5月23日メンバーのほとんどが集まり組み立ての練習と語りの練習をしました。素人作とは思えない立派な舞台ができました。両翼の部品の付け方が反対で白い方が表にでました。ちょっとしたミスさ。
語り部さんの衣装面白いでしょう!これも手作りです
初めての組立。一つ一つの部品をパズルのように組み立てていきます。組上がったときには一同その立派さに感嘆の声を挙げました。持ち運びを考えると、組み立てや取り外しを簡単にしなくてはいけないし、まだまだ問題はたくさんあります。素人の集団が頭を寄せ合い製作しているので試行錯誤がまだまだ続くでしょう。
いよいよ本体製作。それぞれの仕事の合間に時間を作り、まずは部品つくり、平成のからくりつくりを、古いからくりの資料を基に試行錯誤で製作に入りました。
スタッフで「役の行者」ゆかりの天上が岳にのぼり1300年前をしのぶとともに、日ごろ練習中の語りを行者像の前で大声で奉納しました。
製作に先立ちメインの映像部分を、図面通りで思うようになるのか、段ボールで実物大に組み立てコンピュータで実演。あれやこれや半日掛りで検討し、おおよそ目星がたちました
資料を基に物語をを作成し、のぞきからくりの本命である「語り」としての編集等をスタッフで検討しているところ!月に2回位の状況で会議を持っています
ええみのお推進市民の会についてのお問い合わせは下記の連絡先へお問い合わせください。
〜連絡先〜

ええみのお推進市民の会

〒562-0042
箕面市百楽荘1-1-9
(牧落駅 東口南へ10m)
まほろ内

TEL:072-721-3176
E-mail:info@e-minoh.com

e-minoh.comの運営はええみのお推進市民の会によって行われております。
このサイトのすべてにおいて無断転載を禁止します。もし著作権等の違反があればお知らせください。即刻削除いたします。
リンクは自由に許可なく行ってください。(リンクフリーです)